Rabbit Rapid Compass

PTを目指して海外移住をしながら自由に仕事を楽しむ為に英語を勉強しています。英語やWEB、料理や美容のコトについて書いています。

道端ジェシカが短期間で英語を独学で習得する具体的な方法を教えてくれた

f:id:akihiro178:20160617064936j:plain

今日は道端ジェシカさんの英語習得の勉強方法が凄く参考になる内容だったのでご紹介します。彼女はハーフのモデルとして活躍していますが、完全に独学で英語をマスターした方です。とても格好良い性格なので私は道端ジェシカさんが大好きなのでブログでも紹介できる事が嬉しいです。
 
彼女の子供時代は日本在住で語学も日本語とスペイン語で育ち、留学経験もないので、いわゆる普通の日本人でした。13歳でモデルとしてデビューを果たしたので中卒という学歴なので学校で英語を勉強していったというわけでもありません。
 
じゃあ・・・。何がキッカケで?いつから?どんな方法で?
英語を学び始めたのか気になりますよね。
 
彼女が英語の勉強を本格的に開始したのは16歳の頃。周りのハーフモデルさん達が英語で会話しているのを聴いて自分も英語を使いたいと思ったそうです。
 
そして道端ジェシカさんの英語を勉強する為にとった行動に対して、私が凄く参考になると思ったポイントが、周りのハーフモデルさん達に「英語で話しかけて」とお願いして周ったそうなんです。

結果的にこんなに流暢な英会話が 

部屋にこもって机で勉強するのではなく、自ら素早く英語を使う環境を整えた事が彼女の英語習得を短期間で実らせた結果だと思います。私も独学で英語は勉強しましたが飽きっぽいので、友達や周囲を巻き込んで自分を逃げられないような環境を整えてから取り組み始めました。
 

道端ジェシカの英語勉強は魔法が起きる?!

f:id:akihiro178:20160617052458p:plain
出典: https://www.facebook.com

道端ジェシカさんの英語の勉強方法でとても素敵なのは、今日のこの記事を最後まで読めばすぐに誰でも実践出来てしまうことです。英語習得には裏技も魔法もありません。でも、誰でも実践できる。すぐ行動できるという点では難しく考えすぎずに魔法のような効果があるように思えます。
 
英語習得はしっかりと計画的に短期間で努力すれば誰でも簡単に身につける事ができます。難しく考える必要はありません。でも毎日英語に触れるチャンスを作っていく事が大切です。
 
英会話スクールに通うにも本気で習得したいなら毎日通って、マンツーマンでネイティブの先生と話す環境を作るのが最短でマスターできます。逆にあなたが週2、3回程度で英会話スクールに何年も通っているなら、一度足を止めて胸に手を当てて自分に問いかけてみて下さい。
 
私は本気で英語を必要としているのか?
 
もし、必要なら短期間で一気に英語習得するつもりで頭のスイッチを切り替えて下さい。ただし英会話スクールの回数を増やすしか選択肢が無いかと言うと決してそんなコトはありません。そこで、道端ジェシカさんの英語の勉強法が役に立ちます。
 

自宅でもOK!道端ジェシカの英語勉強法①

  1. 海外ドラマや洋画を日本語字幕で鑑賞
  2. ストーリーを覚えた後、次は英語字幕で鑑賞
  3. 聞こえてくる英語をそのままオウム返しで発音

外出中でもOK!道端ジェシカの英語勉強法②

  1. 英語で会話しているモデル仲間の輪に入る
  2. 日本語を使わないようにして会話は常に英語縛り
  3. 覚えたフレーズや英語はどんどん実践練習でアウトプット

 

道端ジェシカさんが短期間で英語マスターした本当の理由

f:id:akihiro178:20160617053008p:plain
出典: https://www.facebook.com

道端ジェシカさんが短期間で英語をマスターした本当の理由は、学習に費やす時間実践に費やす時間のバランスが良かったコトです。インプットするだけでは実践力が身に付きません。逆にアウトプットするだけでは新しい知識が身に付きません。

 
このインプットとアウトプットのバランスが非常に良かったことです。とは言え、これも感覚なので覚えたフレーズは必ず明日、積極的に使ってみるという意識でOKだと思います。
 
そしてもう1つ道端ジェシカが良かったコトは「覚えるフレーズを絞ったこと」です。彼女が流暢な英語を身につけられた大きな理由はこれかも知れません。彼女が英語を実践練習してアウトプットする場所をモデル業の時に限定しました。
 

しかも会話の場は主にメイクルームや休憩中の雑談のタイミングです。そういう雑談だからこそ海外ドラマや映画で覚えた英語のフレーズが頻繁に生きてくると思います。なのでどんな海外ドラマや映画をチョイスするかも重要なポイントです。恐らく…。「プリズンブレイク」みたいな脅しをかけるような作品から学べる英語フレーズはなかなか使えないでしょう。

 
日常会話を勉強したいなら日常が描かれている海外ドラマを利用する。ビジネスシーンでの英語を勉強したいなら、ビジネスマンの交渉や成功を描いた映画作品を鑑賞して英語を学ぶと良いですよね。
 
目的に応じて題材は変えるべきです。勉強のためだと言い訳して海外ドラマを片っ端から全部観るのはただの娯楽です。あくまで「英語習得」が前提なので計画的に題材を選んでください。
 

道端ジェシカさんから素敵なメッセージ

f:id:akihiro178:20160617053127p:plain出典: https://www.facebook.com

最後に締めくくりとして道端ジェシカさんからあなたの英語学習の為になるメッセージがあるので引用して終わろうと思います。彼女はとても勉強家で、かなりの量の本を読むそうです。本人は楽しんで行っているようなので、勉強を頑張っているという感じではありませんが、外から見れば努力家です。その源は何なのか胸に響いたのでシェアします。
 

「モデルの仕事って、服が主役だから個性を消さなきゃいけないし、意外に受け身な仕事なので、“させられてる”っていう感じが強かったんでしょうね。昔はネガティブでしたよ。10代のころはなんだかずっとイライラして、それが周りの空気を悪くして…っていう負の連鎖。他人の悪口を言ったこともありました(苦笑)。結局、人のせいにしていたんです。でも20才過ぎて本を読むようになってから、意識が変わったんです。いいと思えることを実践したら、ポジティブなパワーが感じられて。怒りをただ我慢するんじゃなくて、怒らないことを“選ぶ”という風に思考をスイッチさせたり、他人は自分の合わせ鏡だってことを意識したりして。そうやって自分が仕事を楽しむようになったら、スタッフも喜んでくれるようになったし、仕事もうまくいくようになりました。今では“させられている”じゃなくて、仕事を“している”実感がすごくあります。やっぱり“言霊”って、あると思うんです!」

 

PS.

完全に私都合のワガママ時間でネイティブの先生と
毎日、練習できるので凄く気に入ってます。 

予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話

今だけ会員登録すると7日間レッスン料無料になるので
その間にサクッと練習しちゃえるので、ここお勧めですよ。
 
 
広告を非表示にする